夏ノ陣(ソロ部門/ビートマッチ部門)エントリー受付中!

[夏の陣エントリー期間]
ソロ部門、ビートマッチ部門 2021年06月01日 ~ 2021年06月22日(3週間)
 
詳しくは本ページ下記にある「大会ルールはこちら」のバナーをクリックするかこちらから今年の概要やルールを見て是非ご参加ください。
 
 
 

春ノ陣(スクラッチ部門/ニューテック部門)結果発表

KAMIKAZE DJ BATTLE 2021 春の陣 結果誤表記についてのお詫び

関係される出場者の方には直接ご連絡にてお詫びをさせていただきましたが、今回KAMIKAZE DJ BATTLE 2021 春の陣、ニューテック部門において、人為的なミスで誤ってファン投票の結果を掲載してしまいました。

謝って許される問題ではないとは理解しております。言い訳しようのない取り返しのつかないことをしてしまったと思っております。

関係者の皆様大変申し訳ありませんでした。

今後このようなことがないようにいたしますので何卒よろしくお願いします。

KAMIKAZE DJ BATTLE スーパーバイザー
井上揚介

***

ニューテック部門において、人為的なミスで誤ってファン投票の結果を掲載してしまいました。
結果的に2位, 3位と発表された出場者が入れ替わってしまいました。

本来であれば、ジャッジ(GM YOSHI, DJ $HIN, DJ GO, DJ toMU)のジャッジポイントの合計にプラスされるはずの一般投票の順位が、そのまま誤って掲載されてしまったのです。

それは、
1, ジャッジポイント、一般投票数を集計したスタッフとウェブサイトを構築するスタッフの2人の意思の疎通が取れていなかった事。

2, 出来上がったウェブサイトの確認を怠った事

この2点によるミスでした。
決してジャッジポイント、一般投票の数を意図的にコントロールしたものでは有りません。


本日より『夏ノ陣』のエントリーも始まります。
出場者やファンの方々の信用を取り戻すべく、スタッフ一同、気合いを入れ直して臨む所存です。

そして関係者の方々には多大な御心配をお掛けしてしまいました事を深くお詫び申し上げます。

KAMIKAZE DJ BATTLE 主宰
DJ $HIN

 

 

2021年KAMIKAZE DJ BATTLEが始まる。

↑審査員の皆さんに春の陣のR1の感想と、ビートマッチ部門のジャッジ方のお話を伺いました。

↑春の陣、SCRATCH部門、NEWTECH部門募集締め切りに際して主宰のDJ $HINの感想などをお送りします。

 

大盛況に終わった2020年KAMIKAZE DJ BATTLE ONLINE。

今年も情勢を考慮して昨年同様ONLINEにて開催が決定しました。

今年は昨年よりも更にパワーアップ。

昨今のDJシーンの動きを反映して新たにDJコントローラー部門”ニューテック部門”を新設しました。

また「春の陣」「夏の陣」二回に分けて開催致します。

スケジュールは下記のようになっています。

****
 
春の陣は4/1より、夏の陣は6/1からエントリー受付開始。 2シーズンに渡る各部門を制するのは誰だ! いでよ強者、おこせ神風!
 
[春の陣エントリー期間]
スクラッチ部門、ニューテック部門 2021年04月01日 ~ 2021年04月22日(3週間)
 
[夏の陣エントリー期間]
ソロ部門、ビートマッチ部門 2021年06月01日 ~ 2021年06月22日(3週間)
 
詳しくは本ページ下記にある「大会ルールはこちら」のバナーをクリックするかこちらから今年の概要やルールを見て是非ご参加ください。

日本のターンテーブリズムを盛り上げたい!

2014年旗揚げした『カミカゼDJバトル』も今年で8年目、昨年はコロナウィルスの影響で延期、延期の末にオンラインでの開催となりました、、。

しかしながら、オンラインで開催する事のマイナス面だけでなく、結果的に沢山のプラス面にも気付くことが出来ました。

一年が経ち、未だにコロナ禍で先が見えない状況で、現場での開催は自粛してオンラインで開催することになりました。

今年もオタイレコードさんをはじめとする各協賛社様がたのお力添えで開催する事が決定しました!

今年は新カテゴリー『ニューテック部門』を用意しました。 今までエントリー出来なかったCDJ, MIDIコントローラー, iPhoneやiPadでの出場が可能になりました!

既存の3部門に新部門含めた4部門、春と夏の2回に分け開催します。

未だ見た事のないビックリなチャンピオンが現れることを期待しています!

KAMIKAZE DJ BATTLE オーガナイザー
DJ $HIN

大きな盛り上がりを見せた2020年に続き今年もシーンにカミカゼが起こる!

KAMIKAZE DJ BATTLE 2021ONLINEの大会運営DIRECTOR兼サポートをさせていただきますOTAIRERCORDようすけ管理人です。

昨年、新型コロナウイルスによってこのイベントも中止も危ぶまれた中、DJ $HINさんとお話をして、サイト制作やDMCやIDAで培ってきたノウハウを生かして全面サポートさせていただきました。同様に今年も協力させて頂きます。

前回はKAMIKAZEの大会運営も初めてだったので慎重にやっていましたが一度オンラインを開催してノウハウもたまったのでもう一部門増やして、春の陣と夏の陣に分けてさらにスケールアップして今年はお送りします。

大会の成功に向けてOTAIRECORDも協力を惜しみません!

是非2021年もターンテーブリズムを盛り上げていきましょう!

KAMIKAZE DJ BATTLE 2021 ONLINE DIRECTOR
OTAIRECORDようすけ管理人

KAMIKAZE DJ BATTLE 2021 ONLINE

 

2ターンテーブル + 1ミキサーを使った技術を競う大会。
DJシーンの活性化、育成、新チャンピオンの輩出が目的です。
カテゴリーはスクラッチ部門, ソロ部門、ビートマッチ部門、ニューテック部門の4部門。
選曲力、技術力、構成力、独創力、の4項目の合計得点を競います。
今回はオンラインでの開催となります。

 

本大会の意義


KAMIKAZE DJ BATTLEは、広くDJの楽しさを普及し、

プレイヤーのスキルアップを図り、
併せてDJカルチャーの活性化と発展に寄与するとともに、
次世代DJシーンの未来を明るく豊かにしようとするものとなります

スポンサー並びに賞品について

大会スポンサー様一覧です。
賞品はただいま交渉中です。今しばらくお待ちください。

JUDGE

GM YOSHI(全部門)

日本を代表するDJ・スクラッチDJであり、Office GM代表取締役。GROOVE MASTER FAMILY (GM FAMILY) を率いる中心的人物である。

90年代初頭から関西を中心にCLUB DJとして活動をスタート。

91年には世界的DJバトル大会、DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPで、当時、アジア人としては初の世界ランク第3位という偉業を成し遂げ、現在の日本のバトルDJのパイオニア的存在となる。

その後、数多くの日本や全世界でのDJイベントや、TV、RADIO出演、楽曲制作を経て、現在に至る。

GM-YOSHIがプロデュースした楽曲は数知れず、リリース、その他、多くのアーティストのアルバムやコンピレーションアルバムなどに参加したり、数多くのDJコンテスト、DJバトル、DMCなどのゲストDJ、ジャッジ、MCを務めるなど、日本はおろか世界視野で活躍する日本人DJの1人だ。

DJ $HIN(全部門)

1992年よりプロのDJとして活動をスタート。 数々のDJバトルタイトルを奪取し、西日本チャンピオンを4度経験。
1998年には日本第2位まで上り詰め、翌年1999年『DMC TEAM部門』初の日本代表となる。

2003年にはCREWの名を一部に冠したレコードレーベル、
『Turntable Troopers ENT.”(T.T.E)』を設立。
スクラッチDJなら誰もが使ったことがあるであろう“KAMIKAZE BREAKS”や“ICHIBAN BREAKS”などの純国産バトルブレイクスを次々に制作。
バトルブレイクス史上驚異的なセールスを記録し、今もなお定番のバトルブレイクスとして記録更新中である。

2014年からは『KAMIKAZE DJ BATTLE』を毎年主催し、数々の新たな才能を発掘している。

2018年には、アラブ首長国連邦アブダビのルーヴル美術館で行われた、
『Turntable Phonographic Orchestra (TSO)』にも日本代表として参加、世界中から称賛を浴びる。

DJスクール、音楽専門学校など若手育成やプロデュース活動に重点を置き、DJ講師歴も既に25年、『DJエデュケーション(教育)』という新たな道筋を切り拓いた。
『日本DJシーンの開拓者』
と言っても過言では無いだろう。

DJ TOYODA-STYLE (スクラッチ部門)

DJ機材通販サイトOTAI RECORD主催の全国オンラインスクラッチバトル
「UNKNOWN」にて準優勝2回を経験し、2014年には島村楽器主催の全国DJスクラッチバトル「New Trick Dj Battle」の初代チャンピオンに輝き日本一となり、2015年同大会で見事二連覇を達成。

2018年に始まったスクラッチタイトルマッチ〈S.J.C.〉にて初代チャンピオンとなりそのまま3連勝して殿堂入りを果たす。

現在Djスクール【TOYODA GYM】を始め、各地方でのワークショップもこなし活躍中。

DJ YOCCHI (スクラッチ部門)

2002年にDJに興味を持ち独学でDJを始める。
翌年から沖縄県内で開催されたDJの大会に出場し2014年までに7度の優勝を飾る。
その後は本格的にスクラッチのみに力を入れ2017年KAMIKAZE DJ BATTLE スクラッチカテゴリーで優勝、2018,19年にはIDA JAPAN スクラッチカテゴリーで優勝しIDA WORLDへ出場、同年ともに惜しくも世界3位となる。
スピード感とアタック感の強いスクラッチを得意とし、独自のスタイルを築きながらも飽きのこない音楽性のあるスクラッチを追求し続けている。

DJ SANCON (ビートマッチ部門)

京都出身¨BEAT TRICKS¨のオリジナルメンバー地元レジデントをつとめるESSENTIALは2021年で26周年を迎えHIPHOPPARTYでは日本で一番長く開催してるPARTY。

日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)京都ハンナリーズオフィシャルソングのプロデュースや年間国内や海外で150本近くDJPLAYしNYでのパーティーやボストン、カナダなどでPLAYし活躍する日本指折りのDJ。

現在レギュラーイベントは東京渋谷THEROOM.京都CHAMBERS他多数出演中。

地元京都ではラジオ局AMからFMまで数々の番組を担当し
成人式式典のDJや毎年長岡天満宮での節分祭ゲスト参加など文化的行事にも多数参加する。

日本を代表する男性R&BコーラスグループFullOfHarmonyのライブDJとして参加や2007年にはKOHEIJAPANのライブDJとしても参加するなど幅広い活躍ぶりを見せている。

音楽イベント・フェスティバルにも多数出演しており、代表的なものにはHIPHOPとロックの融合イベント¨TERMINAL¨東北最大フェスARABAKI ROCKFEST IN SENDAI BAY、九州のスカイジャンボリーなどがある。

DJ IKU (ビートマッチ部門)

2002年、世界的権威のあるDJコンテスト「DMC WORLD DJ Championships」の日本大会「DMC JAPAN FINAL」を見て衝撃を受けDJを始める。

3年後の2005年、同大会のJAPAN FINALへ出場しその名を全国へ広げる。

2010年にはパーティーDJのNo.1を決めるコンテスト「Red Bull 3Style」にて初代日本一に輝き、フランスで行なわれた世界大会に日本代表として出場。ビートジャグリングやスクラッチ等の高度なDJテクニックを盛り込み、音楽ジャンルを縦横無尽にミックスしていくスタイルは世界各国のDJやクラウドから高い評価を受ける。

現在では国内、海外の様々なパーティーやフェスティバルにゲスト出演しつつ、DJスクール「World DJ Academy」の講師を務めている。

また世界最大のデジタルレコードプール「DJcity」の日本支部「DJcity JAPAN」においてミュージックアドバイザーも任されている。

2018年には世界各国から選出されたDJ達による「ターンテーブルオーケストラ」の一員として、アブダビのルーブル美術館でショーを行い話題になった。

活躍はナイトクラブに限らず企業やメーカー等からのオファーも多い。

「PioneerDJ」「YAHOO ! JAPAN」「YAMAHA」「Reloop」のオフィシャル動画や「NHK Eテレ」へのテレビ出演、ブレイクダンス、BMXなどのアクションスポーツ、エクストリームスポーツ系のイベントでもDJを数多くこなしている唯一無二の存在である。

DJ IS-K (ソロ部門)

HipHopを軸としたオープンフォーマットな選曲とターンテーブリズムを融合したスタイルで東京・神奈川を拠点に様々な現場で活動。

単身で海外渡航した経験を生かし横須賀米軍基地内の専属DJの1人としても活躍しており、T-PAINが来日ライブした際にもオープンニングDJを務めている。

 

2018年、DMC JAPAN FINALのバトル部門で自身初のファイナリストとなりBEST4。2019年、2020年には同大会シングル部門で準優勝。

KAMIKAZE DJ BATTLE 2019のソロ部門にて初出場で優勝。

翌年のKAMIKAZE DJ BATTLE 2020ではソロ部門連覇、更にビートマッチ部門でも優勝し2冠制覇する。

DJ REIKO (ソロ部門)

1995年よりDJ活動開始。
様々な現場で活躍するがクラブDJとしてさらなる可能性を求め2011年にDJ $HINに入門。
スクラッチやビートジャグリングに夢中になり2014年よりバトルに参戦。
2017年に国内バトルで初タイトル(KAMIKAZE DJ BATTLE 2017)を獲得したのをきっかけに、
同年DMC JAPAN関西予選を2位通過し、
DMC JAPANの歴史上初の女性ファイナリスト(シングル部門)に輝く。
2018年にはKAMIKAZE DJ BATTLE 2018において3部門全て優勝という偉業を成し遂げた。
東海予選を勝ち抜いたDMC JAPANシングル部門、日本決勝では惜しくも第3位という結果に終わったが、9月、IDA JAPAN (テクニカル部門)で遂に念願の日本チャンピオンの座を掴み獲った。
2020年、娘のSORAとチーム(RuShfunk)で挑んだIDA JAPANショーカテゴリーで優勝、続く世界大会で3位となった。
FunkyでGroovyな構成は他の類を見ない。
DJ本来のグルーヴにこだわったプレイは唯一無二である。

[Titles]

2017
KAMIKAZE DJ BATTLE 2017 (ソロ部門優勝)
AUTOBAHN DJ BATTLE (フィメール部門優勝)
DMC JAPAN 2017 関西予選 第2位
DMC JAPAN 2017 JAPAN FINAL (Finalist)

2018
KAMIKAZE DJ BATTLE 2018 (ビートマッチ部門優勝)(スクラッチ部門優勝)(ポータブル部門優勝)
DMC JAPAN 2018 東海予選 第1位
DMC JAPAN DJ 2018 JAPAN FINAL 第3位
IDA JAPAN DJ 2018 JAPAN FINAL (テクニカルカテゴリー優勝)

2019
DMC JAPAN 2019 オンライン予選 第1位
DMC JAPAN 2019 JAPAN FINAL (Finalist)

2020年
IDA JAPAN 2020 (ショーカテゴリー優勝)
IDA WORLD 2020 (ショーカテゴリー3位)

DJ toMU (ニューテック部門)

東京都出身。ニューヨーク6年滞在後、日本に帰国。2011年よりシンガポールに移住。現在、シンガポールを拠点に活動するDJ・ターンテーブリスト・音楽プロデューサー。

DJ•DAWスクール、ShowNing DJ Labをシンガポールで運営。

大会履歴

【ソロ】

‘05 DMC New York 準優勝

‘04 DMC New York 4位

‘04 EastCoast OverDose DJ Battle 準優勝

‘03 DMC New York ファイナリスト(トップ8)

【バンド】

‘08 Redbull SOUNDCLASH Japan Champion

(OHGA Bandのスクラッチャーとして)

【その他】

‘14-‘15, ‘13-‘14 ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の大晦日カウントダウンイベントにて、2年連続大トリを担当。

DJ GO (ニューテック部門)

OTAIRECORD主催DJコントローラーバトル「C plus One」チャンピオン。

また、mflo☆Taku Takahashi主催「The Block Party CDJ BATTLE 2012」でチャンピオンに輝いたDJユニット「KICK OFF」のメンバー(青)。

DJユニットとしては2018年にDJ出演で47都道府県を制覇するプロジェクト「#KICKOFF47」を立ち上げ全国制覇を達成。

KAMIKAZE DJ BATTLEとは?

DJ$HINの運営するTurntable Troopers ENT.が主催するDJの大会。

歴代数多くのDJがエントリーし様々なドラマを作り出してきた。

DJシーンに多くのDJを輩出しており国内を代表するDJ BATTLEの大会となっている。

KAMIKAZE DJ BATTLE RESULT

[KDJB2014 at Osaka Garden Bar]
2014.11.22 (Sat)
Skratch Category: DJ WILLY-WILLY
Solo Category : DJ BESSHON

[KDJB2014 at Tokyo Heavysick ZERO]
2014.11.28 (Fri)
Analog Category Winner : DJ AK

[KDJB2015 at Kyoto Chambers]
2015.03.29 (Sun)
Skratch Category : DJ ELMU
Solo Category : DJ SYUNSUKE
Beatmatch Category : DJ MICHIHITO

[KDJB2016 at Osaka Club Cell]
2016.03.20 (Sun)
Skratch Category : DJ RENA 
Solo Category : DJ MAKOTO

[KDJB2016 at Sapporo Drip Cafe]
2016.07.18 (Mon)
Solo Category : DJ SKYATCH

[KDJB2017 at Osaka Club Cell]
2017.05.05 (Fri)
Solo Category : DJ REIKO
Skratch Category : DJ YOCCHI
Portable Category : DJ 2YO-C

[KDJB2018 at Osaka Club Cell]
2018.05.05 (Sat)
SOLO CATEGORY : DJ BUCK$
SKRATCH CATEGORY : DJ REIKO
PORTABLE CATEGORY : DJ REIKO
BEATMATCH CATEGORY : DJ REIKO

[KDJB2019 at Osaka Club Cell]
2019.03.31 (Sun)
Skratch Category : DJ SKYATCH
Solo Category : DJ I-SK
Beatmatch Category : DJ BUCK$

[KDJB2020 ONLINE]
2020.SUMMER
Skratch Category : ZIM-K
Solo Category : DJ I-SK
Beatmatch Category : DJ I-SK

主催者情報

KAMIKAZE DJ BATTLEを主催するT.T.E.はDJ $HINが自ら運営するDJ,TURNTABLEを中心としたコミュニティ。
DJスクールや、音源制作など様々な活動を行っている。

 

1990年代に活躍したDJクルー(Turntable Troopers)の名前を一部に冠したレーベル。
業務内容はレコードレーベル、DJスクール、音源制作、イベント企画、DJ機器販売、など。
DJがDJの為に立ち上げた組織。
創立は2003年、今回のKAMIKAZE DJ BATTLEの主催者。

 

Turntable Troopers ENT.
〒532-0011
大阪市 淀川区 西中島 4-8-26,401
06-6195-9341
website

Designed by ENGIN#9